HOME>オススメ情報>貸倉庫を初期コストを大幅ダウン!広い場所をすぐ確保

貸倉庫を初期コストを大幅ダウン!広い場所をすぐ確保

倉庫

トラックを停める駐車場つきの貸倉庫が人気

個人契約の貸倉庫の利用も増えていますが、初期費用を抑えることができ、移転もしやすいというメリットからもともとの主流は法人契約でした。企業として、書類や在庫商品の保管先として利用することができます。特に一棟をそのまま借りることができ、トラックを停めるスペースがある貸倉庫は利便の高さから人気があります。

自社の倉庫と貸倉庫の利点を比較

トータルコストを抑えることができる自社の倉庫

自社の倉庫は初期投資コストがかかりますが、貸倉庫のように更新のときに賃上げされてしまうというリスクもなく、長期的に考えるとトータルのコストを抑えることができます。融資が必要なときには担保とすることができます。

初期コストを抑え、稼働までの時間を短縮できる貸倉庫

すでに建てられていて、すぐにでも利用することができる貸倉庫は、稼働までの時間を短縮することができます。建設コストもかからないため、初期投資コストも抑えることができます。

広い倉庫をすばやく確保できる

倉庫は自社で準備すると、建設からスタートし完成まで時間がかかります。貸倉庫を利用することによって、広めの倉庫でも狭い倉庫でも選ぶことができ、短時間でスペースの確保をすることができます。

貸し倉庫を探すときのポイント

倉庫

信頼できる業者選び

貸倉庫を探すときには、経営業者に注目しましょう。倉庫は法人が借りるというイメージから近年個人でも借りる人が増えています。信頼できるかを確認するためにも大阪で利用したことがある人の口コミをチェックしてみるのもおすすめです。

遠方は避ける

無理なく行くことができる場所にある貸倉庫を利用しましょう。大阪にあるからと、自宅や会社などから遠い場所にあると預けに行くにも、受け取りに行くにも大変不便です。

セキュリティーに注目

大切な品を安心して任せられるように、コストはアップしてしまいますがセキュリティーがしっかりしている貸倉庫を選びましょう。

カビの発生を防ぐ設備

品物には湿度は天敵です。湿度管理や空調設備がしっかりしていない倉庫では、カビが発生してしまいます。カビの発生を防ぐためにも湿気の管理や空調が完備している倉庫を選びましょう。

広告募集中